賢く上手に「美肌づくり」

「美肌」になるために積極的に摂り続けた方が良いと言われる「コラーゲン」は、簡単に言えば肌の表皮を支える役割を担っています。 表皮の下では繊維状のコラーゲンが張り巡らされることで肌の水分やハリを保ち、コラーゲンが豊富な肌はターンオーバーがスムーズに行われます。 コラーゲンが「美肌」に良いとされるのは、この肌のターンオーバーが正常に繰り返されることで、 皮膚の古い角質が剥がれ落ち、シミができにくくなる事やコラーゲンによって肌の水分が保たれているため、シワができにくいためでしょう。 コラーゲンはこのように「美肌づくり」に欠かせない大事なものです。

しかし、紫外線や身体の老化によってコラーゲンの生成は徐々に鈍くなっていきます。 ターンオーバーのサイクルが乱れると、古い角質も剥がれ落ちずに肌に残っている状態になるので、肌のくすみや乾燥の原因になります。 そのため、日頃から紫外線を防ぐUVケアは欠かせません。

また、老化は防ぐことができないので、サプリメントや栄養ドリンクでコラーゲンを意識的に摂取することが「美肌」の維持に効果的といえるでしょう。 最近はコラーゲンを含んだサプリメントやコスメが次々と発売されていますが、広告や情報に振り回されてしまいがちです。 コラーゲンは肌に必要なものですが、コラーゲンだけ摂取しても「美肌」は作れません。 肌の関係を知ることで賢く上手にコラーゲンを摂取し、肌やコラーゲンそのものを作る身体、生活習慣を大事に「美肌」を作っていきたいものです。